西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義はとても面白く分かり易かったので、とても楽しい講義でした。婦人科疾患に用いる漢方ということで自分にも当てはまるものがあるかもしれないと思い、注意深く聞いていたら温経湯というのが私に合っていると思いました。手足の冷えや口の渇き、腰の冷えなど自分に当てはまるものばかりで驚いたので、今度機会があれば使ってみたいと思いました。証が合うと漢方がものすごく良く効くと知り、また不妊症の方の例を知って、その効果に驚きました。今回の講義の中で特に印象に残ったのが、望聞問切の「望」についてのお話です。「望」というと患者さんの顔色、体格、舌の状態などを見ることだと思っていましたが、病院への入り方や車の止め方など、患者さんが見られていないだろうと思うよな所まで見て、その人の性格までも合わせて考えているのだと知り本当にすごいと思いました。また、婦人科疾患に対する養生法なども知ることが出来たので今回学んだことを生かして、少しでも実践してみたいと思いました。