西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患は女性のほとんどがいつも頭を抱えている問題であり、私自身もその人間の一人だ。この講義を受けて、正直これは異常なのか、そうでないのかすら分からないが、相談しにくいという症状に関して、それを解決する漢方の話が出て、この症状も解決することが出来るのかと安心できた。また、身近な婦人科疾患だけでなく、人の命に関わる話が出て、やはりどういう方面の勉強をしていても、そういったことから逃げることは出来なく、きちんと向き合わなければならないのだなと痛感した。逆に症状が完治して現在は幸せに暮らしているという患者さんの話をされていたときの鈴木先生の表情も非常に印象的だった。その表情を見て、「確かに辛いこともたくさんあるだろう。むしろその方が全然多いかもしれない。しかし、その代わり人が生きることが出来た時の喜びも、また人一倍なのだろうな」と思えた。そして、私自身、将来どうなるか分からない。不妊に悩むかもしれないし、もしかしたら妊娠自体出来ない体であるのかもしれない。もしそうだった時にどうするべきなのか、未だに解決法は見つからないが、そういったことを非常に考えさせられる授業であった。