西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

私は生理痛や貧血がよくあり、悩みの種になっていた。生理痛は辛いが、我慢できるくらいの痛みのためにわざわざ病院へ行こうとは思わなかった。もしとても痛い場合は少し不安を持ちつつ市販薬を飲んでいた。貧血も「体質だから仕方ない」と諦め、特に何もしなかった。結局医師に相談する事もないので、自分自身もはっきりとした原因や知識(どのような体質なのか、治らないのか)を知らなかった。今回専門の方のお話を聞くことが出来、自分に照らし合わせて改めてよく考える機会になった。そして、漢方で生理痛や貧血が治ると知り、もしかしたら自分も治るかもしれないという期待が生まれた。また、不妊症の患者も漢方によって治ったという実例を聞き、すごく驚き、漢方の力に感動した。今後漢方薬局や生薬学の先生に相談し、自分に合った漢方を見つけぜひ治したい。