西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

色々な婦人科の疾患に対応できるのだなと思った。色々な症状があるのに、40種類の漢方薬で対応できるなんてすごいなと思った。「証」を把握することが漢方医学の上で一番大切なものだと聞いた。実際に証を正確に決定することで、病気の治癒率が上がるのは理解できたが、証を把握することはとても難しいように話を聞いて感じた。漢方処方にも「陰・陽」「虚・実」「気・血・水」という性格があることに驚いた。気・血・水のいずれかが滞ると体の調子が悪くなるのは知っていたが、「陰・陽」や「虚・実」も関係があることは知らなかった。漢方は色々なものが混ざっているから大変だなと感じた。