西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義を聞いて漢方薬への興味がわいた。婦人科疾患といっても色々あり、その中でも漢方で対応できるものは限られている。けれど一つの症状によって生薬を使い分け、患者一人一人に合った処方ができる点でとても魅かれた。婦人科疾患は将来もしかしたら私もかかることかもしれないので、今回学べて良かった。基礎体温を計ることで自分の体のことが分かり、それによってどんな疾患を持ち、どんな漢方で改善されるのかを知ることができまず自分自身と向き合い自分を知ることから始めたいと思った。鈴木先生が受け持っている患者さまで10年も不妊症で悩んでいてその間8回も体外受精に失敗してしまっていたご夫婦が、漢方を処方されて1ケ月で妊娠されたというお話をされていた。この話を聞いて本当に漢方ってすごいなと感動した。もし私が漢方薬局に勤務して、もし同じ様な体験をしたら、涙を流すくらい嬉しくなると思う。漢方について知り学び、その知識を誰かのために使いたいと思えた。また今回の実習で、婦人科疾患に用いる漢方である桂枝茯苓丸を調整したが、思ったより簡単にできより身近に漢方を感じることができた。主な生薬を紹介してくれた中で、しもやけには当帰四逆加呉茱萸生姜湯が良いと言っていた。私はしもやけが本当にひどく、赤くなり腫れて跡が残ってしまう時もあってこれから寒くなりしもやけが出来やすくなるので試しに飲んでみたいと思った。この講義で将来漢方に関わっていたいと思えるほど興味を持てたので、これから時間の許す限り漢方、特に婦人病について勉強していこうと思う。