西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患と聞いて、私自身女性なので身近な事だと思い興味深くお話を聞くことができました。また、女性の体の話では、自分の体のことを全く知っていなかったということを実感しました。私は今年になって初めて生理が1ヶ月続き、不正出血を経験しました。原因はストレスだったと思います。病院に行ったところ、血を止める薬とホルモンバランスを整える薬を出されました。薬を飲み始め3,4日で治りました。しかし、先生の話を聞いた時、本当に飲んで良かったのかなと思いました。生理痛を薬で鎮めると生理が完璧にできてないというお話から実際私の体はどうなっていたのかなと疑問に思いました。治すことだけを考えて薬を服用するのは怖いと思いました。私が薬剤師になって処方する側のなっても、また処方される側としてもとても自分のためになる話を聞けて良かったです。また、田中まち子先生と鈴木寛彦先生の共通点として観察力があるなと思いました。薬剤師に必要なものだと感じました。私も日頃から意識したいと思います。