西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

漢方薬で対応できる婦人科疾患は様々なものがある中、どのような症状にどのような漢方がよいのかなど具体的に聞くことができてとてもためになった。子宮筋腫の話では生理痛の時やたらと薬を飲んでは体に良くないことや、生理不順の話では急なダイエットが体に及ぼす影響など、日々の生活に直結する中で気をつけるべきことや、関わる漢方・生薬の性質等も聞くことができ、毎日の生活の中で役立てようと思った。
また、婦人科疾患の漢方の主役となる生薬の話では、めったに見ることができ良かったと思う。当帰が女性の横座りに、芍薬が地面から吹き出す血、木通が腎臓に見えたりと、昔の人たちの発想力や想像力は素晴らしいと思ったし、更に実際、当帰は婦人病、芍薬は血の巡りを良くし、木通が余分な水分を除いたりと、見た目通りに作用することは驚きと感動を感じた。「漢方」の歴史でも思ったが、自然と先人達とは何かすごいものだと思った。