西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

この時期、黄金の薬草がそびえ立ちます。これは、おけら(蒼朮)です。春が来るまで枯れても堂々と立っています。この強さが人間の体の胃腸や、水毒を救います。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

今回の授業では、漢方を飲み始めて少しの期間で病気がよくなるなど、先生が体験した成功例の話を多く聞かせて頂きました。それらのお話を聞いて、私も幸せな気持ちになりました。

あと、先生が生薬を育てている話もしていただきました。実習で漢方に使う使用部位の生薬は見せていただいていましたが、畑になっている生薬は見たことがなかったので、とても面白く拝見しました。生薬の見た目が効用を思い起こすということも、漢方の理論を作った人達の考えを垣間見ることができ、興味深かったです。

私はこの授業で漢方というものの力に驚かされました。漢方とは特に「証」が大切で、これを正確に決定することで、病気の治癒率が上がります。「証」が決まれば何年も悩まされていた病気を治すことができるかもしれないと感じました。漢方はやはりより活発に医療に取り入れられていくべきものだと思いました。