西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

講義の中で最も印象に残ったのは「証」という言葉だった。普段市販の錠剤を服用するとき、特にアレルギーを持たないわたしは、数ある風邪薬の中から何を選んでいいか分からず、結局、いつも飲んでいる製薬会社のものを手に取ってしまう。いつも長々と薬を飲んで、時間を掛けて風邪を治して、それが普通だと思っていたが、「証」の話を聞き、もしかして普通ではないのかもしれないと感じた。錠剤は万人向けに作られているのだから、効き目が微弱だとしても仕方ない。でも、自分と相性のいい生薬を見つけ出せたら、疾患はもっと早く取り除けるかもしれない。婦人科疾患について、わたしはときどき酷い生理痛に悩まされることがある。その時はただひたすら下腹部が痛くて、立っているのは勿論のこと、横になっても温めても痛むから、我慢して学校に来る日は本当に辛い。市販の鎮痛剤をいつも使っているが、この講義を聞いて、一瞬、見直してみようかと考えた。漢方薬はまだ身近に感じられないのと、不味い薬飲むのが苦手なこともあってためらわれるけれど、これからも痛みが続くようなら勇気を出して試してみたと思う。