西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義が今回の実習最終日だったのことから、以前より生薬、漢方の楽しさを知り、とても興味をもって話しを聞くことができました。特に印象深く残ったことは、常に患者さんの証をみること。そして、その患者さんに合った成分を見つけ出すこと、という言葉です。私の中では、西洋医学が強く、こんな症状にはこお薬という考えがほんとでした。しかし、東洋の医学は全くと言っていいほど考えが異なり、このような症状にはこの生薬を入れた薬という考えに驚かされました。私もこの東洋医学の考えを自分のものにしたいです。やはり、証から成分を見いだすためには、もっともっと生薬のことを知り、そして漢方薬の効能を理解することが大切だと痛感しました。また四診がちゃんとできる力も身につけるべきだと感じました。今回の実習を通していろんなことを経験できたのだから、それを活かしていかなくてはならないという気持になりました。今のままで満足しないでもっともっと上を目指していきたいと思います。また、鈴木先生がとても楽しそうに、そして嬉しそうに、漢方や生薬のお話をなさっていたのを見て、私も楽しさ、嬉しさは常に忘れずにもっていようという気持になりました。