西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回鈴木寛彦先生に婦人科疾患に用いる漢方についてお話を頂きました。漢方医学で対応できる婦人科疾患には様々な物があります。先生が最も力を入れている不妊症は私達にはまだ直接関係はありませんが、生理痛や冷え性、生理前のにきびなどは、私達の年代などでも多くの人が悩んでいることです。私自身も生理痛に悩まされることがよくあります。市販の薬を飲んでも効くまでに時間がかかったり、またほとんど効かない事もあります。その薬があっていないという事なのでしょうか?鈴木先生も漢方医学を学ぶ上で一番大切なものといえば「証」を把握することだと仰っていました。そのため鈴木先生の薬局ではそれぞれの婦人科疾患に対応できる漢方薬はあわせて40種類を使用しているそうです。証を正確に決定することで、病気の治癒率も上がります。市販の薬では証を決定することはなかなか難しいものです。また市販の薬は逆に副作用のせいで体に害を及ぼしてしまう事もあります。それに比べ沢山の漢方薬の中から本当に自分に合ったものを見つける方が、体に害も少なく優しく、病気を治すことができるので今まで漢方薬なんてと思っていましたが、体の為にも漢方薬に挑戦してみたいなと思いました。