西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

このお話を聞いて、漢方は「証」を把握することが大切だということを改めて感じました。「証」が合うか合わないかで効果が出るか出ないか変わってしまい、「証」が合えば驚いてしまうくらい良い結果が得られるが、「証」が合わないと危険ことさえもあると聞き、「証」が本当に大切なものだと分かりました。いくつかの症例を聞いて、漢方は1つの病気を治すために「薬」ではないから1つの漢方でたくさんの病気を治すことができるということがよく分かりました。また、昔の人たちが生薬のかたちを見て何に効くのか考えたというお話では芍薬など確かにそう見えるものもありましたが、当帰などそう思えないものもありました。昔の人の発想力はすごいなと思いました。婦人科疾患に対する養生法のお話では縄跳びを一日に1000回というのは無理だと思いましたが、食べものではまいて芽の出るものが良いと言っていたので少し気をつけてみたいと思います。最後に、漢方のおかげでご妊娠されたお客様がたくさんいるというお話を聞いたときには漢方ってすごいんだなと思いました。幸せになる人がこれからもどんどん増えていってほしいと思います。