西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

この講義では、婦人科疾患に用いる漢方の説明が実際にあった患者さんの話、生薬についての説明が印象的に残っている漢方で婦人科疾患に代表されるのが6種類あり、当帰芍薬湯、温経湯、芎帰膠艾湯は虚証に、桂枝茯苓丸、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯は実証に分類される「証」とは、自他覚的症状をものさしで整理し、統括したものということも学んだ。また、講義を聞いていて女性の患者さんの話は聞き入ってしまった。田中まちこ先生の講義と同様に、患者さんへの対応の仕方は、非常に勉強になった。患者さんへの配慮をし、理解することを改めて大切なことだと感じた。薬について勉強するだけでなく、人とのコミュニケーションを大事にしていくことも日々の勉強の1つだと感じた。この講義では、婦人科疾患の漢方薬について知らないことも多く、どのような患者さんが来るかなど、初めて知ることばかりで、とてもいい刺激になった。この講義を学んだことを今後役立てていきたいと思う。