西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間に畑に出ました。もうそこは雑草だらけ。当帰は雑草に埋もれながらしっかりと成長していました。無農薬栽培は大変ですが、薬草も強くなります。


むつごろう新聞

トピックス情報

東邦大学の薬草園を歩きました。丁度、カギカズラ(釣藤鈎)の花が満開でした。釣藤鈎は脳の血流を良くしたり、血圧を下げたり、神経の興奮を冷ましたりと現代病にはもってこいです。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

まず、漢方医学で対応できる婦人疾患が多いことにおどろきました。そして、その対応できる婦人疾患に比べて、漢方薬の種類が少ないことにもおどろきを感じました。一番大切なものは、「証を把握する」ことであるということを知り、それならば、人それぞれ証も違うのだからさまざまな種類があるだろうと思っていました。私は、婦人科疾患に漢方を処方するためには、ある程度の知識と経験が必須であるとあらためて感じました。