西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に用いる漢方ということで、自分は女だし人事ではないなと思って話を聞いた。漢方で対応できる婦人科疾患はとても多いことに驚いたし、現代薬ではどうにもならなそうな疾患も含まれていた。でもなんといっても驚いたのは、鈴木先生が漢方を処方したことで治った患者さんの話だった。10年間も不妊症で体外受精を8回もされた方が漢方を服用して一カ月で妊娠された話や2年間五十肩でひどかった方が桂枝加朮附湯一服飲んだ後、30分で手が上がるようになった話はとても印象的だった。この方たちは、きっとその時処方された漢方が自分とすごく相性が良かったのだろう。「証」が合うだけで、現代薬では治せなかった症状をこんなにも早く治すことができるんだと感じた。もし自分のまわりで婦人科疾患のことで悩んでいる人が将来でできた時にはぜひ漢方をすすめてあげたい。