西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義では婦人科疾患に用いる漢方についてのお話を聞きました。私はその前に行ったSGDでこのことについて調べていましたので鈴木先生のお話はとてもよくわかりました。また鈴木先生が静岡県出身と聞き私も同じでしたので、とても身近に感じました。スライドで見たお店(沼津)や薬草園(修善寺)は何度も通ったことのある場所でしたが全く知らなかったです。今度通るときはじっくり見てみようと思いました。そしてやはり婦人科疾患の予防も体を温めるというものでした。私は冬が近づくと手足が冷えて眠れない時もあります。体を内外両方から温め、冷えに負けない体を作ろうと思いました。
漢方には「証」があり、その薬が患者さんとパズルのようにカチッとうまくはまると良い効果が出ること、また漢方には必ずペアがあること(紫胡と黄芩、当帰と大黄など)がわかりました。一人一人ちがった処方ができることは、とても奥が深いものだと改めて思いました。