西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

普段自分達は実際の現場で働いている薬剤師の方の話が聞けるという機会はなかなか無いので有意義な時間を過ごすことができました。薬局の外で車の停め方等から患者の状態を把握すると言うことも興味深かったです。
また、もらった配布物を改めて見てこういった薬局で発行する新聞というのは患者に対してすばらしいものであると感じました。優しい言葉で書いてあり様々な知識も身に付き、患者に薬剤師に対して安心感を持つことが出来ると思います。今まで自分がいった薬局ではこのようなものは見られなかったのでむつごろう薬局に行ってみたいなと思いました。
前期の生薬学の講義と今回の講義で漢方は特に一般の薬では改善できない婦人病に効果を発揮できるのだと思いました。
配布物の中にあった食べもの、飲み物の陰性陽性の一覧は自分が陽性だと思っていたのが陰性だったり、その逆もあったりで間違えてしまったのもありそれに気づくことができたのでよかったです。