西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生の「婦人科疾患に用いる漢方」の講義を受けて私は、「漢方の素晴らしさ」を再確認したと同時に薬局で漢方を売る際、とてもよく患者さんを観察してから、その人個人個人の体質、性格に合わせた生薬を選んでいて症状のみをみているわけではないということにとても感銘を受けました。
今回の鈴木先生の講義の中で「患者さんの自動車の停め方まで見て漢方薬を決定している」ということを拝聴し、漢方薬に対する信頼度が高くなり、「そこまで細かく患者さんの事を見ているならきっと自分に合った漢方薬を処方してくれるだろう」という安心感も感じました。また西洋医療で治ることができなかった病気でも漢方薬を使えば治ったというお話を聞いて自分が思った以上に漢方薬の力が強いことを知りました。薬との相性は患者さんにとってとても大切だと言うことも知り漢方の素晴らしさを誰かに伝えたくなりました。

また人の外見でも治療に使用する生薬を決める大きな決め手になることがとても驚きました。症状だけではなく、その人の性格や体質を見ることもする漢方は西洋医療よりも進歩しているものと言えるかもしれないとすら思いました。従って、今まで漢方は何となく古典的なイメージがあり、「西洋医療より劣っているのではないか」と根拠もなく思っていましたが今では「古くから存在しているからこその良さ」が少しではありますがわかってきたような気がします。今度体調を崩した時には是非漢方を使ってみたいと思います。
そして以前の私のように漢方の良さを知らない友人に漢方を是非勧めてみたいと思いました。今回の鈴木先生の講義で学んだことを、今後きちんと生かしていきたいと思います。