西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患という言葉すらあまり聞いたことがなく、数十種類もあるので患者さん一人一人違った症状があるため、それを聞き出し、漢方を処方するので、とても大変だと思った。また、処方される漢方薬も鈴木先生は40種類を使うとのこと。生薬の授業でもよく取り上げられた「当帰・川芎・芍薬・牡丹皮・桃仁・木通・紫胡」などは婦人科疾患には多く用いられる。初めは男だからあまり関係ないのかと思っていたが、症状や実際の患者さんの話は面白かった。先生は静岡県に自分の畑を持ち、そこで生薬を栽培していると聞いて、その本気さが伝わってきた。先生の薬局には日本各地からだけではなく、外国からも客がやってくるというのを聞いて驚いた。特にヨーロッパの人達は漢方なんて信じないだろうなと思っていたからだ。