西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

牡丹の房が割れて、種がもう少しで落下しそうです。はじめは白く後に茶色に、最後は黒くなっていきます。自然はいつも変化しているので面白い。畑は雑草引きに追われています。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

先生の話が女性の体についての話だったので興味を持って聞くことができた。自分自身が生理痛がひどく、薬をよく飲むので「鎮静剤の飲みすぎはよくない」という先生のお話は少し怖かった。この実習が始まる前に、母と漢方医にかかろうかという話をしていたので先生の話はとても参考になった。母自身、私を妊娠する前に桂氏茯苓丸を飲んでいたということもあって、漢方に対して肯定的な考えを持っていた。母自身、私を妊娠する前に桂氏茯苓丸を飲んでいたということもあって漢方に対して肯定的な考えを持っていた。
そのことから考えても漢方は女性に優しい薬のような気がする。ぜひ、生理痛の改善に漢方を用いてみたいと思う。また、先生の話の中で「植物の形や色からイメージしてその症状にあてはめている」ということをおっしゃっていたが、なんとなく当たっているから不思議である。そういうフィーリング的な部分でも自己治癒力の向上に役立っているのかもしれない。スポーツ選手が、自分が上手くいっている姿を想像してイメージトレーニングをするのと同じような気がした。鈴木先生が自身で栽培されている生薬を見せてくださったが、一つ一つに心がこめられている気がして、温かい薬であると思った。
ゴキブリをガンの治療薬にしてしまうという話は強烈であったが、なんでも薬にしてしまおうとする漢方はなかなかすごいなと感心した。最初に試してみた人もなかなかの勇気の持ち主だ。漢方にはミステリアスな部分がたくさんあることも魅力の一つだろう。