西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患が原因で薬局を訪れる方が多いというのには納得がいくような気がする。漢方薬が特に力を発揮している分野の一つに婦人科疾患があると思うからだ。鈴木先生は自分の症状を把握できていない女性が非常に多いと言っていたが、私もその内の一人だと思った。明確な比較対象があるわけではないので、自分では普通だと思っていても実際は異常があるのかもしれない。鈴木先生が強調して言っていた「証」についてだが、漢方医学を学ぶ上で「証」を把握することが一番大切だというのが講義でよく分かった。証を正確に決定することが病気の治癒率を上げるという事で、いくつかの症例を聞いたが、本当に奇跡のような話でとても驚きました。それまでの症状が嘘のような改善が見られたからだ。そういう話を聞くと、証を見極める能力の高い薬剤師が求められているのだと感じた。