西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

先生はかなり漢方が好きだということが伝わった。あんなに漢方について熱く語れるくらい、漢方には魅力があるということだろう。講義を聞いていくつか驚いたことがある。一つ目は、駐車の仕方や薬局への入り方など、患者の行動の細かいところまで観察していて、しかもその情報が大変重要であることだ。患者の訴えだけでは情報量が少ないのだろう。だから、こちら側から気付いてあげたい情報を引き出してあげる事が必要なのだろう。また、先生がある生徒に漢方処方を決定しようと質問している時に「頭痛は?冷え性かな?」などと、先生の方から症状を先読みしてYesかNoで答えさせていたので、きっと頭の中にある程度の症状とそれに合った漢方が入っているのだろうと思った。2つ目は、実際に当帰を育てたということだ。生薬も命からできているのだと改めて思った。3つ目は、自分は確実に瘀血であると思い知らされたことだ。赤ら顔とか、手に汗をかきやすくetc
こんなにも自分に当てはまるのか・・・悲しくなってしまうほどだった。4つ目は、不妊で悩んでいる人がたくさんいて、漢方と出会い、子供が生まれて幸せになった人もたくさんいるということだ。おなかの中に子どもがいる場合、私だって西欧薬には頼りたくないと思うだろう。そんな時に漢方は良いと思う。まだ、婦人疾患に悩まされていて漢方を知らない人は大勢いると思うので、少しでも多くの人に知ってもらえたら良いと思う。