西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義の後に、顔のほてり(顔が赤くなる)を取るには何が良いのか相談しました。始めは、顔のほてりを取るには柴胡桂枝湯が良いと教えてくれましたが、症状を言って行くうちに先生のなかでだんだんと、どの漢方処方が良いかわかってきて、最終的には当帰四逆加呉茱萸生姜湯がよいことがわかりました。お腹が冷える、脈細絶、久寒に良いそうです。
話している時に、先生の頭の中に本当に沢山の知識が入っていて、症状を自分から言ったというか、言い当てられたという感じでした。あのくらいわかっていたら、患者さんにも信頼されるだろうし、自分でやっていてすごく楽しいだろうなと思いました。今度当帰四逆加呉茱萸生姜湯を煎じてみようと思います。