西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

漢方を学ぶ上では、「証」を把握することが一番大切だということ学んだ。証があうと、大、小便、生理、涙などから毒素が排出され、症状が良くなっていくことがわかった。毒素を排出するためには、実・虚、陰・陽、気・血・水を見極め、患者さん一人一人に合った漢方を処方することが大切だとわかった。田中まち子先生も話していたが、患者さんの相談に親身になって乗ることがとても大切なことなのだと思った。漢方とは体質を改善することで病気を治していくものだと知り、とても理にかなっているなと思った。体質を良くすることでこれからも将来の病気にかかりにくい体質になり、どんどん良いサイクルになるなと思った。このような症状になったらこの漢方薬など、症状による漢方薬を教えてもらったので、これからの将来に役立てていきたいと思う。