西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回、鈴木先生には婦人科疾患に用いる漢方処方につての講義をしていただいた。婦人科疾患には、不妊症をはじめ、生理不順や冷え症など一生の問題から日常的な問題まで多岐にわたる、私も女性の一人として、これらの問題にはよく悩まされる。婦人科疾患に対する漢方処方は、細かな症状に合わせて40種類もの処方があり、鈴木先生は患者一人ひとりの”証”を把握し使い分けているそうだ。”証”というのは「要するに患者のどこに疾患があるか見極めろということだ」と言うと簡単そうに聞こえるが、実際はそんな単純なものではない。患者の訴える症状と、その患者の”証”は必ずしも一致するとは限らないからだ。例えば患者が「肩が痛い」と訴えたとしても、それは証かどうか分からない。その肩の痛みは一体何が原因で起こっているのか?ときには、患者自身も意識していないような日頃の癖、ライフスタイル、人間関係など細かい事柄がその症状に起因するこがある。それを見極めることが漢方医学を学ぶ上で最も重要であると鈴木先生は言う、私が思うに、証を見極めるには患者を救ってあげたいという心とその患者との信頼関係が必須である。患者と対等な目線で、共に歩んでいくことが大事なことなのではないだろうか。