西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回の鈴木先生のお話は婦人科疾患についてであり、これから妊娠をする私達にとってとても大切でためになるお話でした。若い女性が「綺麗になりたい」という欲から過度なダイエットをし、それが生理不順や不妊症をはじめ、多くの婦人科疾患を引き起こすという事実は、多くの人が知らなくてはならないことだと思います。いくら理想的な体を手に入れても将来、子供のいる幸せな家庭を築けなくなってしまうのはとても残念です。同じ女性として子供の産める健康な体をつくる手助けを積極的にしたいです。ここでも漢方はさまざまな疾患に対応できるそうです。驚いたのは「10年間不妊症で体外受精を8回された方が漢方を服用して1カ月でご懐妊された」という話です。自然の植物の力は偉大だなと感じました。また鈴木先生は女性の患者さんの話を1~2時間ほどずっと聴いてあげる、そうしたら、女性は涙を流し、その涙とともに体の中の毒が抜けて病気が治った、と話されていました。患者さんのことを一番に考え、その人の心のケア、漢方で「気」を巡らせるようにすることが大切なんだと感じました。「病は気から」というのは本当で、一度立ち止まって今までの自分を見つめなおす、考え方を変えてみる、少し心を休ませて、ゆっくりとした時間を過ごし漢方を煎じる、などということも病気を治すのに必要なのだと思います。私も将来、患者さんに寄り添ってゆっくり安心できる診療をしたいです。