西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の話を聞いて思ったのが、まず処方を選ぶのは患者さんとじっくり話を聞いてからというのを感じました。これはとてもいいことだと思いました。病気は気からというけど、本当に病気のときは弱気で嫌なこと、辛いことが自分の中にいっぱい溜まっている時だと思うので、心のデトックスから始めるのは、とてもいいことだと思いました。それに話していくうちに警戒心もとれて患者さんもいろいろ話してくれるようにもなると思います。次に「証」を正確にみやぶるということです。これは患者さんとじっくり話した後だからできることだと思いました。じっくり話をきいて患者さんのまず「気」からみて具体的な症状、雰囲気などをみて、正確に「証」を見極める。これによって病気を治療してく。これは長年の経験から出来ることだと思いました。また、「生薬には不思議な力」が」ある。ということを聞いてとてもびっくりしました。漢方を始めてから子供ができたり、治らなかった痛みがすっときえたり、ちゃんと「証」を見極めることによって漢方はすごい力を発揮することがわかりました。最初、漢方はただのお茶だから治ったとしても自然治癒だと思っていましたが飲んだだけで自然治癒力が上がることの神秘さ、すごさにやっと気づきました。だから鈴木先生のところにいった患者さんたちは本当にいい選択をしたと思いました。