西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の婦人科疾患に用いる漢方については、これから自分にとって必要となってくることも考えられるので、興味を持って聞いた。漢方は、証がぴったり合えば毒素が体内から出て効果を発揮し、それを患者さんの状態から陰陽虚実気血水で合わせて行くことを教わった。証を合わせるためには四診が大切で、例えば望診では患者さんの車の停めかたや、店の入り方からも判断できるという話はとても面白かった。私は以前母から「私のつわりがひどかったから、あなたもつわりがひどくなるかもしれない」と言われたことがあったのだが、今回の講義でつわりに効く漢方が乾姜人参半夏丸に生姜汁をプラスしたもの、と聞けて良かった。もしそれが効かなかった場合には、当帰芍薬散か半夏厚朴湯とも教えていただけて、将来つわりがひどくなった時にはこれらの漢方を使ってみようと思った。鈴木先生は、私達に対して問診を行ってくださり、授業中等に靴をよく脱ぐ人というのに該当したのですが、私も唇が乾きやすく、子供の頃乗り物酔いが激しいなど、色々な条件に当てはまっていて驚いた。先生の講義をきいて、もっと漢方について学んでみたいと思った。