西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

牡丹の房が割れて、種がもう少しで落下しそうです。はじめは白く後に茶色に、最後は黒くなっていきます。自然はいつも変化しているので面白い。畑は雑草引きに追われています。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生の講義は、婦人科疾患についてだったので男子の自分には感覚がつかみづらいところもあったが、近年増加している不妊症治療についてなど将来漢方で自分がやってみたい内容だったのでとてもためになった。婦人科疾患には当帰が良いということは、前期の生薬学で勉強していたので知っていたが、その当帰について詳しくは知らなかった。当帰はセリ科の多年草の根であり、それを湯もみして整え乾燥させた姿は女性の横座りに似ていて、婦人病に効く理由であろうか、という発想には驚いた。やはりただ教科書で勉強するだけではなく実物を見ることでイメージをつけることが大切なのだと思った。鈴木先生の見せてくださったスライドの写真はとてもきれいで、実際、自分も鈴木先生のような職業につきたいと思った。