西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生の講義は、婦人科疾患についてだったので男子の自分には感覚がつかみづらいところもあったが、近年増加している不妊症治療についてなど将来漢方で自分がやってみたい内容だったのでとてもためになった。婦人科疾患には当帰が良いということは、前期の生薬学で勉強していたので知っていたが、その当帰について詳しくは知らなかった。当帰はセリ科の多年草の根であり、それを湯もみして整え乾燥させた姿は女性の横座りに似ていて、婦人病に効く理由であろうか、という発想には驚いた。やはりただ教科書で勉強するだけではなく実物を見ることでイメージをつけることが大切なのだと思った。鈴木先生の見せてくださったスライドの写真はとてもきれいで、実際、自分も鈴木先生のような職業につきたいと思った。