西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

漢方薬を処方する際、患者さんの具合は勿論、患者さんがどんな生活をしているかなどを細かく聞いていくとのことでした。まず話をすることで、患者さんの痛みを理解できる、そして最適の薬を選び出せるなど 多くの利点があるように感じました。沢山話だけをし、薬を何も買って行かない人もいるらしいです。しかし 鈴木先生は患者さんの話を聞き患者さん自身の気持が楽になるようにしてあげることも大切な薬剤師の仕事だと言っていました。実際の薬剤師さんの話を聞くことで、現場でしか体験できないことも知ることができるのでとてもためになりました。また実際に使用している漢方についても話をしてくれました。今回は婦人科疾患をいうことだったのですが、プラスαで話してくれた、肩こりに効く漢方薬に興味を持ちました。私自身が肩がこることが多いので、使用してみたいと思った漢方薬の一つでした。肩こりでもどこが痛いかによって処方が違ってくるらしいので、患者さんとのコミュニケーションをとることが、いかに大切かを知ることができました。これから体験するかもしれないものに関しても体にやさしい漢方薬を自分に適した形で使用していけたらいいと思いました。