西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患といっても幅広いので、何をメインに授業が行われるのだろうと思っていたら、不妊治療の話が多くてとてもびっくりしました。便秘や生理不順、冷え性など確かに困るけれども半ば当たり前だと思っていたことを一つ一つ整えることで妊娠へ向かわせるという、子宮がとか卵巣がとかいうよりも全体的に体の調子を整えていく考え方を改めて感じることができました。腹診の話や、駐車場の車のとめ方の話など、一見病気との関連が
見えにくいところからいくつもの情報を生薬や漢方に結び付けていく視点に、すぐ見抜けるようになれたらいいなと思いました。