西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生は「証」をとても強調されていた。前に受けた田中まち子先生の講義で証の説明を聞いた時は、証を見極めて、その証に値する漢方を使うとおっしゃられていたので証とは西洋医学での病名の事なのだろうと理解していたけれども、今回の講義ではっきりとその違いがわかりました。また、1つの生薬にはいくつかそれに値する証があり、その生薬をいくつか組み合わせて漢方が作られているので、ピンポイントで効果を発揮する西欧薬よりも、効く症状の範囲が広く、また体に優しいのだということが証を理解する事でわかりました。また私自身が偏頭痛がひどいので、先生が紹介されていた紫胡桂枝乾姜湯を服用してみたいなと思いました。スライドに写真が多く載せてあり、またそれがとてもきれいな風景だったり、花だったりしたので、実際に見てみたいと思いました。