西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に用いる漢方の授業を聞いて、将来お世話になる分野なのでとても興味があった。漢方では不妊症をはじめてとして、生理トラブルや、つわり、子宮内膜症など多くの症状と対応していて、その種類が当帰芍薬散や桂枝茯苓丸をはじめとした40種類もあると知ってびっくりした。まさに、オーダーメイド医療が提供できると思った。私は漢方に興味を持ったので母に有名な婦人薬の名前を出したら、知っていて服用したことがあると言っていた。女性は様々な面でこれから漢方にお世話になると思うから、もっと学びたいと思った。