西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

漢方医学で対応できる婦人科疾患についての講義を聞いてまず思ったことは婦人科疾患では不妊症や月経不順などに月経に関連する疾患、冷え性、更年期障害くらいしか知らなかったが、実習書や先生から紹介されたような疾患などは疾患と認識していなかったもの(水太りや腹痛)や初めて聞いた疾患(シエーグレン症候郡)もあった。漢方医学を学ぶ上で、一番大切なものは「証」を把握することだと言っていた。症状と漢方が一致すれば、体内から「毒」を出すことができ、病気の治癒率が上がるという。病気が治癒できるというなら患者にとっては本当にうれしいことだし、薬剤師としても自分の処方があってうれしいと同時に、患者が治ったといううれしさもこみあげてきそうだ。
でも、この「証」を把握して、疾患に適格に命中させるという事がうまくできるようになるには、たくさんの知識と経験を積み重ねる必要がありそうである。これから、漢方や疾患について、もっと勉強したいと改めて思った。