西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

漢方を考える上で、瘀血が大切になるということがよく理解できた講義だった。大学で勉強しているのは、薬理学や生化学など、西洋医学の基礎となるものがほとんどなゆえ、瘀血の概念は新鮮に感じる。瘀血は、先人の見出したものであるが、現代にも十分通用する。現代人のほうが、生活の便利さを追求しすぎるあまり、化学物質に汚染され、運動不足になり、瘀血になりやすくなっているのではないか。今こそ漢方に頼るべきなのかと思う。実際、鈴木先生のむつごろう薬局で処方を受けた患者さんたちが、西洋医学で解決できなかった症状でも、漢方で快方に向かったお話を聞いて驚くことばかりだった。妊娠できなかった人が妊娠して赤ちゃんを産むことができるのは、とてもうれしいことだ。漢方にそのような力があるのは本当に素晴らしいと思う。自身の農園で生薬を育てられ、とても愛情をこめて漢方をお作りになっていることが伝わってきた。生薬を天日で干したり、収穫するのに同じ姿勢で一時間も頑張ったり、大変なところもあるが、自然の恵みを受けて作られたものは最高なものだと思う。それを使用した漢方で患者さんがよくなって、感謝の気持ちをいただけるなんて、素敵で充実しているお仕事をされていることが伝わった。