西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回鈴木先生のお話で一番印象に残っているのは、「証」は相性であるということだった。その人をよく見れば、処方がわかる、五感を全て使って、その人を見ると鈴木先生はおっしゃっていた。よく見るということは、とても難しいことかもしれない。よく「観て」、よく「考え」、よく「予測」する必要があるということだろう、同じ様な症状でも、原因が違えば、処方を変えなければならず、証を見極めると処方がわかるというのは話を聞いていて、すごく伝わってきた。それぞれの生薬の特徴をよく掴み、上手く組み合わせて、効果を相加、あるいは相乗するような処方の理解に努めたい。