西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

今回鈴木先生のお話で一番印象に残っているのは、「証」は相性であるということだった。その人をよく見れば、処方がわかる、五感を全て使って、その人を見ると鈴木先生はおっしゃっていた。よく見るということは、とても難しいことかもしれない。よく「観て」、よく「考え」、よく「予測」する必要があるということだろう、同じ様な症状でも、原因が違えば、処方を変えなければならず、証を見極めると処方がわかるというのは話を聞いていて、すごく伝わってきた。それぞれの生薬の特徴をよく掴み、上手く組み合わせて、効果を相加、あるいは相乗するような処方の理解に努めたい。