西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

漢方を学ぶ上で最も大切なのは、「証」についてである事を学びました。

この「証」を合わせる事こそ漢方の醍醐味であり、「証」を合わせることで病気がスムーズに治る事を、実例を通して学びました。ちなみに本職でレベルの高い方になると、望診だけでも大体あっている漢方を選べ、中には天気だけでその日どの様な方がお見えになるのか分かる先生もいらっしゃいます。そして、この人間離れした能力は多くの経験によって培われます。その経験の最初期が今の私のような薬学部生なのである。なので、そのような頼りになる専門家になるために、この土台をしっかり築いていきます。今回の講義は今までの漢方の講義の中で最も実例が入っていたので、イメージが浮かびやすく、家族にはこれが効くのではないか?と考えさせられ、何故か楽しい気持ちになりました。私はこの先、この気持を忘れずに育てていきます。