西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

全体を通して思ったことは、鈴木先生は漢方薬局で働くことにとてもやりがいを持っている方だと思った。不妊症に患者さんが漢方薬を服用することで、子供を産み感謝の手紙が届いたと嬉しそうに語ってくださった先生を見て、自分も薬剤師になったら人を喜ばすことができるような仕事をしていきたいと思った。婦人科疾患に使われる生薬の植物全体や生薬にするための作業、そして生薬の全体と、見る機会の少ない写真をみることができたのが新鮮で、また子宮あるいは卵巣で起こる病気を知ることができて、女性として覚えておくべき事項だと思った。