西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

牡丹の房が割れて、種がもう少しで落下しそうです。はじめは白く後に茶色に、最後は黒くなっていきます。自然はいつも変化しているので面白い。畑は雑草引きに追われています。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患はとても身近なものです。私も生理痛や生理前の肌荒れ、または冷え性という婦人科疾患を経験したことがあります。身の周りの人にも、生理不順や更年期障害で悩んでいる人がたくさんいます。私は生理痛がほぼ毎回あります。痛みの程度は様々ですが、痛みが強い時はいつも市販の生理痛の薬を使用していました。テレビや雑誌で痛みが強い場合は我慢せずに薬を使うとよいと見たことがあったからです。しかし今回の講義で、生理痛は子宮内膜をはがそうとして、できるもので必要な痛みであることを知りました。薬を使って痛みを抑えることで子宮内膜がはがれなくなって、子宮筋腫という病気の原因となってしまうことも知りました。痛みは、体が自分自身を良くしようとしている証拠なので、無理に痛みを抑えるのはよくないことが分かりました。また、ベテランの薬剤師は、患者の顔を見ただけで、その人に必要な漢方が分かると知り驚きました。そんな薬剤師になるには、たくさんの漢方について知らないといけないし、なるのは難しいと思いますが、そんな薬剤師になれたら仕事も楽しそうだと思いました。長い間不妊に悩んでいた患者が、ある漢方を飲んだら1カ月で妊娠したという話もありました。本当に病気の症状に合った漢方を使うとあっという間に治るのです。患者にあった漢方を見極められる薬剤師になりたいです。