西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

私は生理痛がひどくて痛み止めを服用したことがあります。もともと薬を飲むことが好きではないので、普段は少し痛くても我慢をしていましたが、ある日、生理痛がとてもひどく動くのが辛いときがありました。外出の予定もあったので、痛み止めを服用したところ、痛みに波はありましたが、楽になりました。そのとき、痛い時は服用した方が、楽なので我慢せずに飲もうと思いました。

しかし、この生薬学実習で鈴木先生の講義を聴いて、痛み止めを飲むことは一時的なものであり、使い過ぎると、子宮腺筋症や月経困難症を引き起こす可能性があり、不妊症の原因となっていることがわかりました。私は痛みを和らげてくれるものだという一部の利点しか見えていませんでしたが、このような怖いことが起こる可能性があることを知り、驚きました。そして知ることができて良かったと思います。鈴木先生が10年間の不妊症で体外受精を8回された方が漢方を服用して1カ月で妊娠したという症例をお話してくれました。とても驚き、漢方の力を強く感じました。すごい事だと思います。そこで大切なのが「証」の決定だそうです。それぞれの漢方には「証」があり、それに合わせることができれば、さまざまな疾患に使うことができるようです。また漢方を服用することだけでなく瘀血は日常生活と密接に関係していて、特に食事は重要だと教えていただきました。実習書に載っている「健康に生きる食べ物・飲み物」という表を見たところ、朝食に食べているパン・ヨーグルト・紅茶は体を冷やすものでした。私は冷え性なので、まずは食事から気をつけてみたいと思います。