西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

とても素晴らしかったです。先生の漢方以外の知識に驚かされました。漢方を学ぶ上で、子宮の構造や機能について細かく知らなくてもよいものだと思っていたのですが、先生はまるで医師のように細かく知っておられて、あっ気にとられました。漢方と現代医学の知識をうまく組み合わされていて、とても説得力が増していました。私は人体の構造や機能についてどれくらい学べばいいのかと、いつの間にかゴールのようなものを作って学ぼうとしていましたが、今日、学ぶことにゴールは無いというのを思い知らされました。そして今年度から生薬を学び、それぞれの効果が成分以外ではどこからきているのかと疑問に思っていたのですが、特に木通や柴胡の例えが分かりやすく、植物の特性が生薬においてもうまく応用されているのを知り、今後の生薬の勉強における新たなポイントが付け足されました。今までは植物を観察しても、花の色や形など植物を見分けるためだけに特徴を探していましたが、それだけではなく生薬の効果と実際の植物を比較して、ポイントとなる所をイメ―ジしていこうと思います。また、漢方薬の各構成生薬がどのようにして決められたか疑問に思っていたのですが、相手(患者)からの情報から生薬をあてはめていくことで漢方を選択できるようになると聞き、なるほどなと思われました。今回の講義で、婦人科疾患、またその用いられる漢方薬についてだけでなく、日頃から疑問に思っていたり、モヤモヤしていたことの解答のようなものもいただき、とてもためになりました。