西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

自分が女という事もあってとても興味深い話だった。まず生理がおこるメカニズムは、もう何回も習ったことだったので知っていたが、なぜ生理痛が起こるのかは知らなかった。私も生理痛にはとても悩んでいた。その度に痛み止めを飲んで痛みを抑えていた。しかし、その行為がもしかしたら子宮筋腫の原因になるかもしれないと言われたときには驚いたし、衝撃だった。痛みを止めるだけではダメ。そこで漢方が出てくる。漢方の重要性を認識できた。また、不妊症の人にも漢方で治療できるというのですごい話だ。進歩した現代医学では治せないものを、漢方でなら治せる。このことを考えると、漢方には今後もずっと残り続けて欲しいし、世の中の沢山の人にも素晴らしさを伝えたいと思った。