西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

始めに婦人科疾患の多さに驚いた。聞いたことがない疾患や、聞いたことがあってもよくわかっていなかった疾患が多く、勉強になった。漢方を用いた実際の治療の様子(相談から服用・結果まで)がよくわかり、患者さんとの信頼関係を築けている鈴木先生にあこがれた。証を正確に決定できれば、漢方はすばらしい効果をもたらすことがわかった。証を判断するには努力と経験が必要だと感じ、生涯勉強していくという意味が実感でき、それを仕事のやりがいと思える仕事のつきたいと思った。先生方の薬局には多くの患者さんが「よく効きました」と言ってくれるそうだが、それは漢方薬の力も勿論であるが、薬の出し方も大きな要因なのではないだろうか。あの先生なら「これは良い薬ですよ。早く治ってくださいね」などと優しく声をかけているはずである。そういった温かい人柄が、良薬をさらに良薬へとしているように思えてならなかった。