西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年も大きな房をつけました。牡丹の種がぎっしりこの中に入っています。牡丹は根から増えますので種は撒いたことがありません。撒いてみたい方がありましたら差し上げます。ご連絡下さい。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

先生が「漢方医学は、経験から作り上げた医学」とおっしゃった通り、長年の経験と自分の五感がとても重要な分野だと感じました。昔の漢方医が皇帝の大便や小便の色、匂いまで確認して処方薬を考え、自分の命をかけたからこそ、今の進んだ漢方医学があるのだと思うと、西洋医学でも治せない病気をすっと治してしまうことに納得しました。興味が出来た。もっと知りたい。と思うだけでは、漢方医学は理解しきれないほど難しい学問だと感じました。感じること、イメージすることを大切にし、生薬を畑から育て、今も勉強になるとおっしゃっていた鈴木さんを尊敬し、また機会があるならば講義を聴きたいと強く思いました。