西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生たちのような現役の薬剤師さんのお話を聞くことができ、本当に良かったです。今まで考えもしなかった漢方専門の薬剤師という将来があるとは本当に驚きました。また、漢方の力は計り知れないと思います。人の舌を見たり、お腹を触ったりすることから症状を推定したり、不妊症を改善できたりと・・。薬剤師という職業がすばらしいものであると同時にあこがれです。今までは薬をただ渡すだけで簡単な作業の繰り返しだと思っていました。けれど決してそんなことはなく、重大な責任と常に新しい問題の取り掛かる向上精神が必要で・・・でもそれがまた患者さんに喜ばれる。そのことで自分自身もまたうれしくなる。そんなやりがいのある職業だと思いました。知識は人を豊かにできるといいますが、本当にそうだと思います。私もそんな人の心を豊かにできるような薬剤師になりたいです。