西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

フジテレビの「何だコレ!?ミステリー」で・・・。

2019年03月07日

「山奥の建物に人影?長年通い続けるワケ・・・」

登場人物が山で取っていたものは、薬草の‘オウレン‘でした。もしかしてと思ったら、やはり私たちがいつも使っている「オウレン」でした。

 黄連は、私の師匠である田畑隆一郎先生を主宰とした塾のグループで、かれこれ15年以上も前からずっと使用しています。市場価格で、栽培物と比べると10倍以上違う大変高価な生薬です。この番組を拝見して、大変感動いたしました。

 黄連は、血圧や、胃腸、心臓病、自律神経失調症と多くの病気に使われます。勿論単独では使用されません。現在われわれの薬局では、高血圧の方に使ってよい変化が出ています。

ご興味がある方は、この黄連を使った漢方薬をお試しください。