西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

丁子屋さんのとろろ芋

2018年09月27日

丁子屋さんは、静岡では有名なとろろ芋のお店です。

東海道五十三次の20番目の宿場である。丸子宿=鞠子宿(まりこしゅく)は、現在の静岡県静岡市駿河区丸子にあります。最寄り駅は東海道線安倍川駅です。

                                                  

 とてもおいしいトロロ汁は、私も大好きな料理の一つです。静岡の深い山々から取れた自然薯は漢方薬の原料にもなります。胃腸を元気にして活力を付けます。徳川家康公ご愛用の漢方薬「八の字」にも山薬という名で登場します。有名な漢方薬「八味地黄丸」を胃弱の方様に作り替えた漢方薬です。

                                                 

以前、丁子屋さんの若頭首がむつごろう薬局に来ていただいたことがありました。大変創造的な方で、多くの勉強をさせて頂きました。社長さん自ら現場に出て働く姿はとても共鳴いたしました。新商品の山芋の入った卵焼きは絶品でした。

 美味しい食事をすると心も温かくなりますね。因みに丁子屋さんの丁子も、漢方薬の成分で胃の働きをします。ハーブで言うとクローブです。何かご縁を感じます。

皆様静岡にお越しの際は、是非一度食べに行ってください。