西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

食欲減退、だるさと漢方薬(82歳男性:身長152cm体重50kg)

2011年07月13日

1週間前に草むしりをしていたら突然気持ち悪くなり寝込んだ。頭がボーとした感じで立つとふらつく。また、食欲が無くて体がだるい。何もやる気がしない。

漢方薬の柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)を処方。飲んで3日くらいすると、汗がたくさん出て体が楽になったという。その後も継続して服用していくうちに、食欲も出てきてみるみる元気になっていった。

この方の場合、おそらく日差しの強い中草むしりをやっていて、熱中症にかかったのではないかと考えられる。柴胡桂枝乾姜湯を飲むことで、体にこもっていた熱が発散されて、症状が改善されたと考えられる。