西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

夏の畑は暑さで目が回ります。水分補給に暖かいお茶を飲みながら働きますと疲れないものです。暑いときには温かい飲み物が良いことを身をもって知りました。


むつごろう新聞

トピックス情報

静岡の口コミサイト「静岡ナビっち!」 にお客様よりご紹介頂きました。ありがとうございます。

https://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=4893


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

飛蚊症と漢方薬(29歳女性:身長156cm体重43kg)

2011年11月30日

1年前に出産をした後、飛蚊症になる。特に左目のほうに多く出て、天気の良い日や明るい部屋などにいると気になる。目は疲れやすい。

体質は、冷え性で肩がこりやすく、めまいを起こしやすい。特に子供を産んでからは疲れやすく、起き上がったときや頭をゆらすとふらつくことが多い。睡眠時間も5~6時間とやや少なめで、子供のことが気になり何度も目を覚ます。大便は日に1回。小水は近いという。また、飛蚊症は、疲れたときのほうがひどく出るという。

漢方薬の苓桂朮甘湯を処方。飲み始めると、初めお小水が増え、よく眠れるようになったという。1ヶ月が経過すると、飛蚊症の量が減り始め、めまいは無くなってきた。その後も継続して服用。1年間飲み続け、飛蚊症は出なくなった。

漢方では、飛蚊症を”水毒(すいどく)”の病いと考える。水毒とは、体に余分な水が溜まり、それが悪さをすることを言う。この方の場合も、もともとある水毒体質に、出産、子育ての神経疲労が加わり、飛蚊症やメマイを引き起こしていたと考えられる。苓桂朮甘湯は、頭に昇った水毒を下降させ、小水に導き、メマイや飛蚊症、耳鳴りなどを改善する。