西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

頑固な冷え性と漢方薬

2013年11月06日

32歳の女性。毎年、冬になるとひどい冷え性に悩まされると言います。靴下は3~4枚、電気毛布がないと眠れないとのこと。以前は、冷たい物などもよく飲んでいたそうですが、冷え性がひどく、現在は温かいものや生姜湯を飲んだり、冷え性によい漢方薬も飲んでみたそうですが、一向に冷え性は良くならないとご相談に見えられました。

体格は、身長160cm、体重62kgでややぽっちゃりされていて色白で、冷え性ですが、汗はかきやすいといいます。また、月経周期も40~50日と不順気味で、月経痛もあるといいます。大便1日1回、小水1日3~4回で、むくみやすいといいます。

漢方薬の防已黄耆湯(煎じ薬)と当帰四逆湯(煎じ薬)を一日おきに飲んでもらうことにしました。1ヵ月後、漢方薬を飲むと、お小水がたくさん出て、手足がポカポカと温まると言います。ただ、時間がたつとまた冷えてくると言います。さらに1ヵ月後、手足がしだいに温まり、月経が30日周期で来たといいます。その後も漢方薬を継続すること約半年、冬場も靴下1枚でいられるようになり、電気毛布もいらなくなったと喜ばれております。